坐骨神経痛に襲われたら

坐骨神経痛に襲われたら

坐骨神経痛はある日突然襲ってきます。
坐骨神経が圧迫などの障害を受け、腰や臀部から下肢にかけてシビレや疼痛を発症するものです。
突然襲ってきた痛みに対処するにはどうすればよいでしょうか。

・絶対安静
まず大前提となるのは絶対安静です。
突如の痛みや痺れの原因、また状態を把握したいために体を動かしてしまいがちですが、その行動が症状をより深刻にしてしまうこともあります。身体が楽な状態で安静にして下さい。
 坐骨神経痛の痛みは初日がピークです。
初日は安静にしておいて次の日に病院に行くようにするのがいいでしょう

・アイシング
絶対安静で横になった次は患部のアイシングを行いましょう。
楽な姿勢を確保した上で、捻挫のときと同じように患部を冷やして下さい。
坐骨神経痛の原因は 疲労のたまった腰椎部分の炎症、捻挫である事が多いので、疲れきった腰椎にとって楽な姿勢でオーバーヒートして熱くなった筋肉を冷やしてあげて下さい。

・患部の固定
坐骨神経痛が発生した場合、炎症だけでなく骨盤がズレている場合もありえます。
その場合には腰が抜けたような感じがして、腰を少し動かすだけで激痛が走ります。
腰へのアイシングがある程度できた時点で、腰が楽な姿勢で固定します。
これは楽な姿勢を維持し、無理な動きを抑制するという効果も期待できるのです。

・専門家の診察
痛みも治まり徐々に1人でも歩けるようになったら 、専門家の診察を受け自分の腰の状態を確認することが重要です。

この時痛みが引いていてもきちんと診察を受けてないと、骨盤のずれや関節の変位などで一部の腰椎などに負担が集中することになり、結局はまた坐骨神経痛を再発することになってしまいます。
痛みの原因をきちんと把握して、それに対する治療をするようにして下さい。