坐骨神経痛が起こるきっかけ

坐骨神経痛が起こるきっかけ

坐骨神経痛は筋肉疲労による股関節や骨盤の歪みに起因することが比較的多いと云われています。
加齢による運動不足、免疫力の低下、筋肉量の減少により、骨盤、股関節、腰痛に歪みが生じてきてしまいます。

骨盤が歪む事でお尻や骨盤周りの筋肉が必然的に疲労してしまい、筋肉はますます過剰な緊張状態に陥ってしまい腫れを生じます。
そこで梨状筋が腰椎からのぞいている坐骨神経を圧迫してしまい、お尻や場合によっては足先にまでしびれや鈍痛を生じてしまうのです。

現代社会における日常の生活の中には坐骨神経痛のきっかけになることが沢山あります。オフィスでの長時間のパソコン利用、無理な体勢での重いものの移動など、何気ない日常生活であっても腰に対して非常に負担をかけているのです。
正しい姿勢を心がけ腰に極力負担をかけない生活を送らなければなりません。

坐骨神経痛は もはや年配の方の病気とは言えません。
生活習慣の変化などにより、若い世代にも坐骨神経痛を発症している人は多くなっています。

坐骨神経痛 は突然襲ってくることが殆どです。
しかし、症状は確かに突然やってきますが、結局は坐骨神経痛を引き起こす悪い要因の積み重ねが結果として症状になって表出するのです。

腰に負担のかからない生活を心がけるとともに、筋力アップ(取り分け腹筋・背筋)の努力が必要です。