坐骨神経痛を起こす代表的な疾患

坐骨神経痛を起こす代表的な疾患

坐骨神経痛とはお尻から足にかけて痛みをかんじる症状名であり、病名ではありません。つまり病状の一つとして坐骨神経痛があるのです。

この病状を起こす代表的な疾患として
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・腰椎すべり症
・変形性腰椎症
・利状筋症候群
・悪性腫瘍
・骨盤のゆがみ
・股関節の変位

などがあり、中には放置しておくと悪化して手遅れになる疾患もあります。
手遅れにならないためにも腰やお尻、足に痛みやしびれが出たときは速やかに病院での精密検査を受けることが大事です。

・ぎっくり腰・・・坐骨神経痛を引き起こす代表的な腰椎症状です。
日常生活の中での疲労蓄積によるもの、また突発的な過負荷によって引き起こされるものと、同じぎっくり腰という症状ではあっても、原因は色々です。
疲労蓄積によるものの場合は、腰椎4番5番の周辺筋肉が過負荷によって徐々に疲労蓄積を起こし機能不全に陥ります。
この状態の筋肉はパンパンに凝り固まってしまい、膨らんだ筋肉の下を走る坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛が発症してしまうのです。

・椎間板ヘルニア・・・坐骨神経痛の原因疾患として、ぎっくり腰に次いで多いのが椎間板ヘルニアです。
原因はヘルニアが脊椎を走る脊髄中枢神経を圧迫しているか、あるいは椎間板ヘルニアの特徴である「痺れ」によって姿勢が歪み、腰椎周辺の筋肉が凝り固まってしまい坐骨神経に影響を及ぼしているかのどちらかです。

・腰椎すべり症・・・高齢者の方に多い腰椎疾患です。
脊椎を構成している椎骨がズルッと滑ってしまい、坐骨神経を圧迫するするために坐骨神経痛の症状がでます。
やはり、腰椎4番5番に起こりやすい疾患です。