坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛というのは病名ではなく症状を表す言葉です。
坐骨神経が圧迫されたり、刺激を受けることで生じる”痛み”という症状を、総称して坐骨神経痛と呼んでいます。

坐骨神経とは脊髄腿節から伸びる抹消神経のひとつです。末梢神経の中でも太く長いこの神経は、最も表皮に近い場所を通っているものでもあります。

坐骨神経痛とはそれ単体で発症するものではなく、あくまで何かの疾患に付随して発症する「症状」であり、坐骨神経痛の裏には必ず他の「原因疾患」となるものが潜んでいると考えなければなりません。
つまり、坐骨神経痛を引き起こしている「原因疾患」を治療する事が坐骨神経痛の治療といえます。

坐骨神経痛の現れ方は痛みだけではなく、しびれや感覚の鈍り、ひどくなると歩行に障害をきたすこともあるのです。
坐骨神経痛は「根性坐骨神経痛」と「梨状筋性坐骨神経痛」、「症候性坐骨神経痛」の3つに分けられます。

根性坐骨神経痛・・・腰椎椎間板ヘルニアの副次的要素として生じることが多く、坐骨神経の付け根部分にかかる圧迫・刺激により発症します。

梨状筋性坐骨神経痛・・・梨状筋への圧迫や刺激によって発症するものです。

症候性坐骨神経痛・・・腰への過度な負担が起因要素ではあるものの、原因ははっきりとしていません。治療が困難な坐骨神経痛といえます。