食事をすること自体が健康のもと

食事をすること自体が健康のもと

食事をすることは何も栄養を摂取するから大切というだけではありません。当然栄養を摂取することは食事の大きな目的になります。しかし食事をすることによって、体の調子を整えることができるようになります。それはどのようなことかと言うと、食事をすることで、精神的に安定し、リラックスできるようになります。逆に食事をしないと、食事ができないような状態なのだと脳が勝手に判断してしまうこともあり、リラックスできない状態が続いてしまうこともあります。そうなると緊張状態が続くことになるので、ゆっくりと眠ることが出来なくなってしまうこともあります。

当然体に大きな不安定さが残ることになるので、筋肉も大きな力を発揮して、体の安定性を取り戻そうとします。結果的にこれが、腰痛につながってしまうこともあります。一食二食抜いた程度でこのような状態になることはありませんが、長期的に食事を取る頻度が減ってしまったり、逆に疲れていて食べる気が失せているようなときには注意が必要です。しっかり食べる時間を作って、食べることを意識する必要があると言えるでしょう。