太りすぎも良くないが痩せすぎも、腰痛のもと

太りすぎも良くないが痩せすぎも、腰痛のもと

太りすぎると坐骨神経痛の症状を抱えやすくなるというのは多くの人が知っています。しかし過度なダイエットをしてしまったり、食べないと言う状態が続いてしまい、痩せすぎてしまってもそれはそれで大きな問題になります。筋肉の修復にもカルシウムは利用されます。食べ物をしっかり食べないと、痩せてくるほかに、骨が弱くなっていきます。当然骨折の頻度も上がってきてしまうでしょう。背骨の骨折などがあってしまうと、坐骨神経痛を引き起こしてしまう原因になることもあります。また筋力はどんどんやせ細っていくので、当然体のバランスは悪くなってしまうでしょう。

痩せすぎによって健康状態も悪くなり、内臓などの機能も低下してきます。骨や筋肉などの症状の他に、内臓における病気を発症してしまうことにもなるでしょう。ダイエットをしようと思った時は、食べないのではなく、筋肉を付けるダイエットをしていくと良いでしょう。体全体をバランスよく鍛えることが大切になります。