坐骨神経痛の薬

坐骨神経痛の薬

西洋医学の整形外科では、患者さんそれぞれの原因によって、坐骨神経痛の痛みを軽減するためにお薬を処方します。

処方されるのは消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、循環障害改善薬、ビタミンB12などです。痛みや痺れといった症状を軽減し、神経の血流を改善するためのお薬が中心となってきます。

・消炎鎮痛剤
痛み止めです。
効果には個人差があり、 強い痛みには効果が実感できますが、動くと痛む程度の軽い症状であれば効果の実感はあまりありません。
また、副作用として胃に負担をかけるという副作用があり、胃薬が同時に処方されます。

・筋弛緩剤
筋肉の緊張を和らげ、 消炎鎮痛薬と同時に処方されることが多いです。
胃に負担をかける事、目まいやふらつきを生じることなどの副作用があります。

・プロスタグランジン製剤
 血管を拡張し、血液の凝固を抑制します。

・ビタミンB12
神経組織の障害を回復させます。
副作用はないのですが、現段階ではまだどの程度の効果が期待できるのかがはっきりして いません。

 ・外用薬
 シップや塗り薬などです。
シップには患部を冷やす冷シップと、暖める温シップがあります。
どちらも痛みを和らげると同時に、消炎鎮痛剤を皮膚から吸収させる効果が あります。

投薬治療は血行不良が坐骨神経痛の原因である場合は、薬による症状の改善が期待できますが、それ以外の場合、薬は症状を治めるための対処療法でしかないので、他の治療法と組み合わせて使います。
薬物療法は長期にわたって続けると、副作用で胃腸障害や心臓疾患を引き起こす可能性もあります。

また、どんな薬物療法でもそうなのですが、 すべて医師の指導通りに服用し、勝手に自己判断で服用する薬の量を増やしたり 減らしたりしてはいけません。
副作用で体調に変化があった場合には、早急に医師に 相談するようにしましょう。

場合によっては、漢方薬が坐骨神経痛に効果的なこともあります。
使用するにあたっては専門的な薬局で、よく症状などを説明しとことん相談して納得した上で使用してください、お金もかなりかかります。