坐骨神経痛は起こるのは何故か

坐骨神経痛は起こるのは何故か

坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫する別の要因によって発症する神経痛の症状名で、病気の名前ではありません。
坐骨神経痛を発症させる別の要因とは、様々なものがあります。

・ギックリ腰による坐骨神経痛
ギックリ腰も症状名であり病院の診断で用いられる診断名ではありません。
急性の腰部筋膜症、仙腸関節のねじれ、腰椎の変位、筋肉や靭帯などの損傷などによって起こる急性の腰痛症を、一般的にギックリ腰と呼ぶようです。
ギックリ腰の多くは腰の筋肉(大腰筋)の一部が何かの問題によって、捻挫のように炎症を起こしている状態です。
問題を起こしている筋肉の機能を補うために、大腿部・臀部の筋肉が腰部筋肉の代替をすることになり大きな負荷が掛かります。
それにより筋肉は過度に緊張し、坐骨神経を圧迫していまい、坐骨神経痛を発症してしまうのです。

・椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
椎間板とは、背骨にあたる一つ一つの椎骨のクッションの役割をしています。
椎間板ヘルニアとは、繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出ししまう事を、椎間板ヘルニアといいます。
飛び出した椎間板が、神経などを圧迫するために激しい痛みや痺れなど坐骨神経痛の症状を引き起こすのです。

・腰椎すべり症による坐骨神経痛
腰椎すべり症は、主に中高年の方に多く発症する病気といえます。
背骨は、椎骨が重なり合っています。
背骨は緩やかなカーブになっていて、腰椎を構成する骨の組織が弱まると、腰椎のカーブの部分で椎骨がズレることで神経を圧迫して、腰痛を発症します(腰椎捻挫)。
腰椎のズレは骨盤の歪みも起こしてしまい、坐骨神経痛を併発する事になります。

・脊柱管狭窄症による坐骨神経痛
椎骨が積み重なることでできる、管状の空間を「脊柱管」とよびます。
第一腰椎のあたりから下の脊柱管には、馬尾(ばび)と呼ばれる神経の束が通っていて、さらに馬尾から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています。
脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなることから、神経を圧迫して痛みや痺れを起こします。
坐骨神経痛は腰部脊柱管狭窄症の状態によって痛む場所が変わります。
また個人差もあるようで、左右両方の脚に坐骨神経痛が出るケースもあれば、片方の脚だけの場合もあります。
また脚の内側・外側の違い、脚全体か脚の一部分だけか、など症状は様々です。