坐骨神経痛はふくらはぎにも影響を与える

坐骨神経痛はふくらはぎにも影響を与える

坐骨神経痛というと腰などの痛みが取り上げられる事もありますが。それ以外にも当然症状として出てくることはあります。神経の状態によっては足の先などにも影響が出てしまう事もあるでしょう。その中でふくらはぎに痺れを感じてしまうこともあります。ふくらはぎの痺れがあると、歩く時に必ず、それを感じるようになります。動けなくなるほどではなくても、確実に動きたいという意志は削られてしまうことになります。ふくらはぎの筋肉は歩行の時に大活躍します。そのため痺れなどがあるとどうしてもそれを感じてしまうことになると言えるでしょう。

ただ、ふくらはぎを上手く利用することがないと、血液の循環などが悪くなってしまうこともあります。そのためずっと動かしていないわけには行きません。当然意識しないところで動いてしまうこともあるでしょう。坐骨神経痛の症状の中でも、つらい症状の一つと言えるのかもしれません。しっかりと診断を受けてどの程度の症状なのかを理解しておく必要があるでしょう。