薬と物理的な治療のバランスが大切

薬と物理的な治療のバランスが大切

坐骨神経痛では、痛みで苦しむ人もいれば、痺れなどを強く訴える人もいます。一般的に薬などはその場は痛みを引くことができるが、根本的な治療にはならないと言われます。しかしだからと言って必要ないことではありません。その場しのぎは非常に重要になることも当然あります。人は傷みを抱えながらずっと生活をすることはできません。生活をすることができないと、それだけ、自分の身体機能が弱まってしまいます。また痛みで訓練をすることが全くできなくなってしまうこともあります。それでは一向に良くなることはないでしょう。

ある程度薬で痛みを押さえ、それを行ないつつ、物理的に訓練や治療をしていき、根本的な解決を図ることが一番スムーズな治療になっていきます。薬は有効的な治療を行なうために手段の一つです。頼りすぎるのも良くありませんが、利用しなさ過ぎるのも当然良くありません。バランスが大切となっていきます。痛みが激しい時は遠慮せず、しっかりと薬をもらうようにしましょう。