坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状とは、どんなものなのでしょうか。

坐骨神経痛というのは病名ではありません。
さまざまな疾患が原因で起こる腰やお尻または太ももの裏などの痛みや痺れなどの症状を指しています。

坐骨神経痛に悩む人のうち半数以上の人が腰痛を訴えているといわれています。

坐骨神経は人の体の中で最も長い神経であり、痛みの出る範囲は腰やお尻、太ももの裏側、すねやふくらはぎや足の甲に至るまでと広範囲にわたりますが、痛みの程度や症状には個人差があります。

どこか一部分だけに坐骨神経痛の 症状を強く感じるケースもあれば、足全体に激痛が走り坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。
腰や足の痛みや痺れが原因で立つ事は勿論、歩く事も難しくなるほどの激痛を訴える事もあります。

坐骨神経は皮膚感覚にも影響を及ぼしているので、足が熱を持ったように感じることや逆に冷えて冷たく感じられる事、また、足が引きつれる感じや締め付けられる感じをうったえる方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛には、体をある一定方向に動かした時に生じる痛みや痺れ、天候の変化で症状が強くなる、これらの症状が常に続いているというのも坐骨神経痛の特徴です。

このように色々な症状があるものの症状が軽いと、腰痛だからといって我慢している方が多いと思います。

坐骨神経痛の症状は突発的に発症し、一度坐骨神経痛になると連続的に起こってきます。
たかが腰痛と思って放置しておくと状態は必ず悪化し、他の筋肉にも悪影響を及ぼし範囲が広がり、更に排尿障害がでてくる危険性もあります。

腰痛だからといって放置しないで、早めに整形外科を受診して下さい。