右側腰痛の原因は

右側腰痛の原因は

腰痛で、腰の右側だけ、あるいは左側だけが痛いといった状況があります。
その原因として、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などが考えられます。

たとえば、ヘルニアや坐骨神経痛などの場合、髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が異なります。
このような場合に片方の神経だけが圧迫されていることにより、腰の片側だけが痛むといった症状が現れるのです。

例えば、もし片側だけ腰痛になったら、普段の姿勢を考えてみて、座った時に左右どちらかに傾いた座り方をしていないか、足を組むことが常習化していないかなどを反省してみて下さい。
正しい姿勢で、足を組まないように心がけなければなりません。

右側のみの腰痛は、人間の多くは右利きである事が原因と考えられます。
右手を頻繁に使うことになるので、体の右半分に必然的に負担がかかることになります。従って、筋肉や骨格にも歪みが出てきて、体のバランスが崩れてしまい、これが右側腰痛を引き起こす原因となっているのです。

右側だけ痛い、左側だけ痛いといった症状は、腰に関してはあまり珍しいことはありません。
痛みがさほど激しくない時は、安静にしていると痛みは軽減されます。
また、お風呂に入った時、患部をしっかりと温めるなどの対処法を施します。
しかし、急性の激しい痛みを伴っているようなぎっくり腰などである場合は、決して腰を温めてはいけません。

我慢できないほどの痛みが生じているならば、専門医の診断を受けてその指示に従う事をお勧めします。
いずれにせよ、片側だけの腰痛だからと云って軽く見過ぎることはいけません。