坐骨神経痛かなと思ったら

坐骨神経痛かなと思ったら

坐骨神経痛とは、なんらかの疾患を起因とする症状についた名前で、疾患名ではありません。
坐骨神経は、下半身に沿って伸びている末端神経のことをいいます

坐骨神経痛は、その名のとおり、「坐骨神経」が圧迫されることにより起こる「神経痛」で、椎間板ヘルニアや、腰椎すべり症などが原因で従来の機能が果たせなくなった腰周辺の筋肉をサポートするため、その他の筋肉が常に緊張状態を強いられ、結果、坐骨神経が圧迫されることから起こる症状です

坐骨神経痛の治療は、まずはその原因となっている疾患を診断し、治療することが重要なのです。

臀部から下肢に走る痛みや痺れなどの坐骨神経痛の症状を自覚したら、最初は安静を取り、そして腰椎周辺筋肉の機能を回復させ、臀部への負担を軽減させることから始めて下さい。
激痛が少し緩和されたら、整形外科などで診察を受けて原因となっている疾患の特定をしましょう。
それぞれの原因によって医師が治療法を決定し行います。

坐骨神経痛は痛みが引いた後のケアが大切になってきます。
必ずしも痛みがなくなったから完治したというわけではありません。
坐骨神経痛を再発させないためにも、腰部周辺の筋力を高めるリハビリを行い、普段の姿勢に気をつけることが大切です。

坐骨神経痛を自覚したら、まずは絶対安静、次に原因疾患の追求、そして痛みが引いた後のケア、この3つを必ず行うようにしなければなりません