坐骨神経痛の多くの原因は椎間板ヘルニアか梨状筋症候群

坐骨神経痛の多くの原因は椎間板ヘルニアか梨状筋症候群

坐骨神経痛は、その名の通り坐骨神経が圧迫されて刺激されることで痛みを発するもので、原因となっている腰痛症は椎間板ヘルニアであれ脊柱管狭窄症であれ、坐骨神経に絡んだ痛みがあるということになります。

坐骨神経は非常に太い神経ですが、太さだけでなく長さにおいても抹消神経のなかでは最も長い神経です。

坐骨神経は腰にある梨状筋から、大腿部の後方を通過して膝の裏側のあたりまで伸びています。
そこから総腓骨神経と脛骨神経に分岐していて、これらの神経は足のほうにまで伸びていますから、坐骨神経痛の痛みは足の裏にまで伝わる場合があります。
つまり、坐骨神経が圧迫された痛みは、下肢全体に伝わってしまうことになるのです。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になると、下肢痛やしびれが足のほうにまで感じられることがありますが、このことにより坐骨神経痛も痛みの原因となっているということがいえます。

変形性腰椎症や脊柱管狭窄症、また腫瘍性の腰痛も坐骨神経を圧迫することはありますが、ほとんどの坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群によるものです。

梨状筋症候群というと、ちょっと聞きなれない腰痛かもしれません。
梨状筋というのは臀部にあるインナーマッスルで、坐骨神経の出発点にある筋肉で、坐骨神経はその梨状筋のそばにあります。

臀部の表層筋には大殿筋があるのですが、近年は生活環境の変化でこの部分の筋肉があまり鍛えられていないのが現状です。

腰や臀部に負担がかかると、鍛えられていない大殿筋はすぐに筋肉疲労を起こし、負荷が梨状筋に伝わっていきます。そして次に梨状筋が筋肉疲労をおこしてしまうと、神経や骨が負荷を受け止めることになり、坐骨神経が刺激されてしまうことになるのです。

梨状筋症候群が原因で坐骨神経痛になっても、ほかの部位で異なる腰痛の原因がなければ、手術に至るような重症になることはありません。

安静にして初期痛を緩和すれば、保存療法と筋力強化によって痛みは改善されていきます。梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛と診断されたら、腰回りの筋肉が弱いということを自覚しなければなりません。

ウォーキングやスイミングなどの負荷の少ないエクササイズで、時間をかけながら筋力を強化していくようにしましょう。