骨盤の歪みと坐骨神経痛

骨盤の歪みと坐骨神経痛

整形外科で坐骨神経痛の治療として保存療法を継続しても、坐骨神経痛の特徴であるお尻と腿の張りとコリがなかなか抜けないというケースがあります。
あるいは、少し良くなったとしても、次の日にはまた以前のように張りと痛みが現れてくるという場合もあります。
これは骨盤に歪みやズレがあることが原因で、その為に症状が一進一退することがあるのです。

また骨盤が歪んでいる場合は、腰椎も歪んでいると考えられます。
その腰椎のゆがみは坐骨神経にも影響し、痛みが出てくるのです。
つまり坐骨神経痛の原因として骨盤、そして背骨の歪みが影響していることがあるということです。
また、骨盤がゆがんでしまうと背骨の曲線を正確に作り出すことができなくなり、椎間板ヘルニアや骨の変形などの原因となってしまうのです

骨盤は人間の体の中で最も大きい骨である大腿骨と、体を支える背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な役割を果たしています。
骨盤が歪む原因は、仕事の姿勢、生活習慣、外傷、妊娠などによる必然的な体型変化や重心の移動によるものが考えられます。

骨盤は中央にある仙骨と横にある腸骨・坐骨・恥骨で出来ています。
そして仙骨と腸骨の間には仙腸関節という関節があり、普段は歩いたり走ったりしたくらいでは動かない関節ですが、この関節にズレがあると、色々な症状を引き起こします。
骨盤の歪みというのは、この仙腸関節の歪みと考えても良いでしょう。

何らかの原因で、仙腸関節にずれや捻れが生じると、骨盤全体がゆがんでしまいます。骨盤のゆがみは、徐々に全身のバランスを崩し、頭痛や肩こりなど体の様々な部位に影響を及ぼします。
骨盤は背骨とも繋がっていますから、ここが歪むと体全体の歪みにも影響していきますし、細部では神経を圧迫していますから坐骨神経痛の原因になっている場合が多いのです。

骨盤の歪みを矯正するには整体を行なっている治療院で診察を受けるのが良いと思います。実際に施術によって骨盤が矯正されると痛みがかなり緩和される場合があります。
しかし、整体は国家資格ではないので、腕の確かな治療院を選ぶ必要があります。

骨盤は生殖器や内臓を守る役目も果たします。ゆがみがあると、骨盤内の循環障害(おけつ)を誘発して冷えやむくみ、婦人科系の疾患にかかりやすくなります。
骨盤と骨格・骨盤と臓器のバランスの崩れは、全身の不調につながるのです。
 
骨盤の歪みをセルフチェックする方法
床に仰向けに寝て、足を伸ばしたまま床から浮かしてみます。浮かす角度は30度ほどでも十分です。
そして次は腰と床の間に手を入れて、同じように足を浮かせてみます。
この2つを比較してみて、後者のほうが楽に足を浮かせることができた方は、骨盤に歪みがあって腰に負担がかかっている可能性があります。
このチェックは、多少でも腰に痛みのある方は無理のない範囲でおこなってください。