合併型坐骨神経痛

合併型坐骨神経痛

坐骨神経痛などの慢性的な痛みや不快感に日々悩まされながら、少し休むと痛みが治り、まだ生活に支障はないからと、我慢を続けている方が多いのではないかと思います。

しかし、どんな病気や症状も無根拠に大丈夫そうだからといってほっておいてしまっては、合併症や病気の悪化という可能性がでてきてしまいます。

坐骨神経痛の主な原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあるのですが、厄介な事にこのどちらもが併発している場合もあるのです。

症状でいうなら、上体を後ろに倒して痛むなら狭窄型、前に倒して痛むならヘルニアということになるのですが、前後どちらに倒しても痛みやしびれが認められる場合、これは両者の併発という可能性が非常に高くなってきます。

腰部の脊柱管が狭窄しているところに腰椎椎間板ヘルニアが同時に起きてしまうと、神経根が飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯に挟まれ圧迫されます。
狭窄とヘルニアの両方によって神経根が圧迫されるため、痛みや痺れの症状はかなりきつく、非常に重度の症状といえます。

最終的には腰を曲げることが困難になってしまい、長時間たち続けることは不可能で、端的にいえば歩行障害状態に至ります。

このような合併型の坐骨神経痛では、他の坐骨神経痛と違い、保存療法では症状がなかなか改善されず、日常生活自体が困難になってしまいます。
医師の診断では、早いうちに手術が検討される状態です。