坐骨神経痛の自己診断

坐骨神経痛の自己診断

坐骨神経痛は、腰痛、お尻や足に痺れや痛みなどの症状が出るもので、日本人の多くによく見られる症状です。
自分の足や腰に次のような症状がひとつでもある場合は坐骨神経痛が疑われますので、一度チェックしてみてください。

・特定の体勢になった場合、腰、臀部、股関節周辺、太股(特に裏側)、膝、ふくらはぎ、足首、足の指などのどこかに、痛みやしびれが発生する。

・お尻から下の部分にかけて締め付けられたような感覚や、ほてりや冷え、むくみや突っ張り感などがある。

・足の裏の皮膚が厚くなったような感覚や、足の裏にジリジリとした感覚がある。

・脚(片脚のみ、または両脚)に力が入らなくなり、階段でつまずくことがある。
また、腰にも力が入れにくくなる。

・打撲、筋肉痛など以外で原因不明の痛みやしびれが断続的にあり、慢性化している。

・横になり腰を丸めて楽な体勢にしていても、痛みやしびれが治まらない。

・歩いていると足の痛みやしびれがひどくなって歩けなくなり、その場にしゃがみこんでしばらく休むと再び歩けるようになる。

・くしゃみや咳をすると、腰や下肢、臀部に痛みや違和感を感じる。

・寝ている最中に強い痛みが発生し寝ていられなくなる。

・排泄時に違和感を感じる、頻尿、失禁の障害がある。

ひとつでも以上の症状に当てはまる場合は、坐骨神経症の疑いがあります。
坐骨神経痛の場合、「すぐに治る」という安易な気持ちでいると、たとえ一時的に痛みが治まっても、また、不意に強い痛みに襲われるという事になります。
坐骨神経症の疑いがあれば、早期に専門医の診断を仰ぐようにしましょう。

安静にしていても激しい痛みが治まらない、症状が両足にあらわれている、などの場合は坐骨神経以外の病気の可能性もありますので、整形外科を受診してください。

また、腰やお尻、足の痛み以外にも動悸、息切れ、更年期障害、排尿障害などの症状がある人は、それぞれの専門医の診察を受けることが必要です。