坐骨神経痛と妊娠

坐骨神経痛と妊娠

妊娠中に臀部から下肢にかけて神経に沿って痛みを感じる症状の出る坐骨神経痛になることがあります。

妊娠中はお腹が大きくなるので、腰椎の前弯がどうしても大きくなってしまい、その結果腰椎に負担がかかってしまうのです。

また、骨盤や椎間板、筋肉や靭帯にも大きなストレスがかかり、痛みの原因となります。
出産を迎える時期になってくると産道を確保するために骨盤が緩んでくるので、骨盤や子宮が坐骨神経を圧迫してしまい、痛みが伴うのです。

妊婦の方が坐骨神経痛になった場合、安静にしていれば痛みを感じなくなりますが、痛みがひどいからと言って、胎児に影響を及ぼす可能性も否定できませんので市販の痛み止めなどを服用してはいけません。
湿布薬でも、医師に相談した上で良いと診断されれば使用するようにしましょう。

おなかの赤ちゃんに負担を掛けずに、坐骨神経痛の症状を和らげられる楽な姿勢をとる方法などを、医師から指導されると思います。

安静にしても痛みが強く、一向に良くならないという場合は、骨盤の中で炎症が起きている可能性がありますので、なるべく早く受診しましょう。

お母さんが痛みをずっと我慢するのも胎児にとって良いことではありませんので、痛みを感じたときにはとにかく安静にするようにしましょう。

妊婦さんが自宅でできる坐骨神経痛の対処法は、ビタミンB12、カルシウムなどの坐骨神経に良いとされる栄養素を積極的に摂取すること、また寝る時にはなるべく楽な姿勢で寝るようにする事、お尻や腰の血行を促進するためにぬるめのお湯にゆっくりと浸かることなどです。

妊娠が原因で坐骨神経痛になった場合、出産をすれば完治するのですが、中には慢性化する方もいるそうなので、 そうならないように無理をしないことが大切です