東洋医学的に見た場合の坐骨神経痛のタイプ

東洋医学的に見た場合の坐骨神経痛のタイプ

お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛の疑いが強い場合、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知り、適切な対処を行うことも重要となります。
東洋医学的に見た場合の坐骨神経痛には下記のようなタイプがあります。

・「椎間板ヘルニア」が原因で起こる坐骨神経痛は、腰椎と腰椎の間が狭くなって、クッションの役目をする椎間板がはみだしてしまうため、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を発症します。

特に上半身の重さが一番かかる所であって背骨のつけねで動きの負担の大きい、腰椎4番と5番、5番と仙椎あたりの椎骨にヘルニアを発症しやすくなります。
急性の場合、腰や下肢に炎症があり、はれて痛む、下肢がしびれる、つっぱる、腰痛で歩く事も立つこともできなくなることもあります。

・下肢特に下腿の胃経のしびれ、つっぱりがある場合は、臀部の環跳付近のコリが胃経への症状となって現れます。

・志室ライン(大腰筋の奥)がこると、そのコリが坐骨を圧迫して、志室ラインの延長上のおしりや下肢(膀胱経中央ライン、膀胱経外側ライン)に痛みやつっぱり、しびれなどを発症させます。
また左志室ラインのコリで、右の腸骨綾の中央付近がこり、その延長線上のおしりや下肢(膀胱経中央、外側、胆経)に痛み、つっぱり、しびれを発症することもあります。

・座っていると痛くなるタイプの坐骨神経痛は、仙骨のすぐ傍や坐骨のまわりにコリが生じたことが原因で、下肢(膀胱経中央、大腿部内側の腎経上)にコリのラインがでてきて、そのコリが痛み、つっぱり、しびれを発症させます。
立っている時や歩いている時には症状は出ませんが、座るとこれらの症状がでてくるのがこのタイプの坐骨神経痛の特徴です。

・「脊椎間狭窄」が原因で起こるタイプの坐骨神経痛はし、ばらく歩いていると足がつっぱり、痛くなり歩けなくなるが、しかし数分間しゃがんで休んでいると歩けるようになるといういわゆる「間欠性破行」を発症します
腰椎の4番5番や腰椎と仙椎の1番の間が狭くなり「脊椎間狭窄」を起こしていて、このときもおしりにコリが現れます。

・腰からでる坐骨神経が圧迫されている場合には、大腿部、足底や足指、下腿外側(くるぶしの上方ライン)に痺れなどを発症します。