座骨神経の特徴

座骨神経の特徴

座骨神経はとても太くて長い神経のため、圧迫されるとお尻から足にかけて痺れや痛みが生じます。
座骨神経痛は一度発症するとなかなか治りにくく、長期間にわたって症状に悩まされるこあります。

座骨神経痛は座骨神経が何らかの圧迫によって引き起こされるケースが多く、圧迫する環境を排除することが改善や予防策の鍵となります。
長時間座骨神経を圧迫してしまうと強い痛みが生じやすくなります。

座骨神経は太くて長い事や、皮膚の近くに存在する神経であることなど、圧迫されやすくまた、圧迫に弱い神経と云えます。
座骨神経を圧迫しない座り方など、専門医の診察を受けた際に医師に指導してもらうといいでしょう。

座骨神経痛は治りにくいものではあるのですが、ストレッチなどで痛みを和らげることは可能です。
効果的なストレッチを行う事で座骨神経痛の痛みを和らげることもできますし、何よりも座骨神経痛の予防対策としても大変有効なものです。

座骨神経は腰から足の先まで走る太くて長い神経で、傷めるとその症状は広範囲に及んでくる可能性があります。
人にとって歩く事や排泄などの重要な機能にもかかわってきますので、坐骨神経痛の原因になるようなことは極力避けなければなりません。

歩き方、座り方、休息のとり方など、日常生活の中にも腰痛を引き起こさないようにするための色々なポイントがありますので、自分に合った良い方法で腰痛にならないための環境を作ることが大切です。