坐骨神経痛、急性期の炎症にアイシング

坐骨神経痛、急性期の炎症にアイシング

突然坐骨神経痛に襲われたら面食らってしまい「どうしたらいんだろう」と不安ばかりがつのってしまう事でしょう。
急性期の坐骨神経痛には、患部を冷やすこと・アイシングが有効です。

坐骨神経痛になってしまった時にはまず「絶対安静」を心掛けますが、そのあとで自分でもできる「患部のアイシング」を行いましょう。

坐骨神経痛は、腰椎部分に疲労がたまった状態であり、そのために炎症や捻挫を起こすことが多いのです。

楽な姿勢をまずは確保し、クタクタに疲れきった腰椎を休ませて、その後脚や腕の捻挫の時のように オーバーヒートで熱くなった筋肉をアイシングして下さい。

ただし、炎症を起こしている場合にアイシングは効果的であり、炎症のない場合には必要ありません。

アイシングは
・一時的に血管を収縮させ腫れを抑え、冷却による麻痺効果で痛みを軽減させる。
・冷やすと逆にカラダが温めようとする生理的作用(リバウンド)が働くため、血液、リンパの流れがよくなり、治りが早くなる。
という事で、カラダの本来の作用を利用しているので、薬などより安全と云えます。

アイシングの方法は
まずアイスバックを作ります。
1.ビニール袋に氷を入れます。
2.袋に水を入れて振ります
(霜のついた氷は、水で洗い溶けかかった氷(0℃)にすると、凍傷の心配がなくなります。)
3.水を捨てて、氷が平らになるようにします。(患部に十分当たるようにする)
4.口で空気を抜いて、袋をしばって完成です。

患部へ当てて、痛い→温かい→ピリピリする→感覚がなくなるという感じで深部まで冷やします。(約15~20分間ですが、時間にかかわらず、感覚がなくなったら外してください)

アイシングを止め、約40~60分間後に感覚が戻ったら、またアイシングを開始する、という事を1日に行える回数だけでいいので、2日間ぐらいは行うといいでしょう。