妊娠中の坐骨神経痛

妊娠中の坐骨神経痛

妊娠をしているときには、下肢に痛みを感じる場合があります。
また、妊娠中に坐骨神経痛になることもあり、ただの下肢の痛みとはどのような違いがあるのでしょうか。

臀部から太もも、下肢にかけて神経に沿って痛みを感じるというのが坐骨神経痛の症状ですから、そのような部分に痛みを感じた場合には安静にする必要があります。

もし安静にしても痛みが強く、一向に症状が軽減されない場合には、骨盤の中で炎症が起きている可能性がありますので、なるべく早く専門医を受診しましょう。

妊婦の方の坐骨神経痛は一時的な場合が多いので、出産を迎えるまでは上手く付き合うようにすることです。
まずは安静することで痛みは感じなくなります。

妊婦さんならお判りでしょうが、痛みがひどいからといって、市販の痛み止めなどを服用してはいけません。
湿布薬でさえも、医師に相談した上で医師の勧めるものであれば良いという事になります。

胎児にとって、お母さんが痛みをずっと我慢するのも良いことではありませんので、痛みを感じたときにはとにかく安静にするようにしましょう。

妊婦さんが自宅でできる坐骨神経痛への対処法は、ビタミンB12、カルシウムといった坐骨神経に良いとされる栄養素を積極的に摂取することです。
医師によって処方される場合もあります。

お尻や腰の血行を促進する為に、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることも効果的です。
また、寝る時にはなるべく楽な姿勢で寝るようにして下さい。

一般的には妊娠後期で坐骨神経痛になるケースが多いのですが、妊娠初期でも坐骨神経痛になることがあります。
恐らく坐骨神経痛だけではなく腰痛などの症状が出ていると思われます。

妊娠中の坐骨神経痛は出産後1,2ヶ月で殆どのケースで治ってしまうことが多いのですが、慢性化することもありますので、そのようにならないようにするためにも、痛い時には無理をして動かないようにすることが重要です。