腰痛と坐骨神経痛

腰痛と坐骨神経痛

腰痛と坐骨神経痛は似たような情報に多く言葉が載っていることがあります。そのため腰痛を坐骨神経痛と思ってしまう人もいるかもしれません。症状によってはそのような考え方でよい事もありますが、基本的には腰痛と坐骨神経痛は分けて考えておいたほうが症状をつかみやすくなると言えます。腰痛の場合は本当に腰痛であり、腰の部分に痛みや違和感を感じることが多くなります。しかし坐骨神経痛はどちらかと言うと、腰よりもお尻の部分または下肢の部分になってくると言えます。そのため坐骨神経痛を腰痛として考えてしまうと、自己判断をしてしまい、症状の進行を抑えることが難しくなってしまうこともあります。早期的に発見することによるメリットが大きい為、そのような勘違いは極力ない方が良いと言えるでしょう。腰痛と坐骨神経痛での違いを知っておけば、簡単にでも自分の症状を知るための判断材料にしていくことができるはずです。他の腰痛の知識にも役立つことでしょう。