狭窄型坐骨神経痛

狭窄型坐骨神経痛

坐骨神経痛は腰痛の他に、お尻や太もも、下肢全体に痛みやしびれの症状があります。

坐骨神経は、下肢の運動機能や知覚だけでなく、膀胱や直腸などの排尿や排便の機能をも支配している長くて大きな神経です。

そのため、坐骨神経に関連する部分が炎症を起こすと、その神経が走っているお尻から下肢にかけて、広い範囲で痛みやしびれを感じるようになるのです。
痛みの原因は何かを知ることで、症状の改善への取り組みができるようになります。

高齢者の坐骨神経痛の原因として多くを占めているのが、腰部脊柱管狭窄症です。
これも50代以上の人に多い疾患だといわれています。

加齢により、脊柱管の骨がもろくなったり周囲の靭帯が分厚くなってしまう、また老化によって椎間板の水分が減少し変形することなどが原因で脊柱管に狭窄が起こります。
つまり、中枢神経の通り道がせまくなり、圧迫されて神経痛を引き起こしているのです。

狭窄型の坐骨神経痛は、上体を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる、という特徴があります。
無理に背筋を伸ばして姿勢をよくしようとすると、痛みがひどくなって症状が悪化する可能性がありますので、このような場合は前傾姿勢を保つようにします

軽症のうちは太ももや足に痛みやしびれを感じる程度です。
しかし、坐骨神経痛の症状が進むと、冷感や脱力感を感じるようになり、歩いているうちに足の痛みが強くなって歩けなくなるが、少し休むと又歩けるようになるという間欠跛行の症状や、足の裏の感覚の異常などが現れます。
症状の悪化によって、尿漏れや、股間に熱感を覚えることもあります。

これは坐骨神経が排尿の機能をコントロールしているためです。
ただ排尿障害が起きた場合、その原因が坐骨神経痛ではなく女性なら老化によって、男性なら前立腺肥大症によるものと間違えられることがあります。

腰部脊柱管狭窄症の症状があれば必ず坐骨神経痛の痛みやしびれが発生するということでもないのです。
狭窄症によって脊柱管の変形が進むと、脊柱管の中を通っている脊髄や神経根を圧迫するようになり炎症を起こし、そこではじめて坐骨神経痛などの痛みやしびれを感じるようになるのです。

腰部脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛では、ストレッチや体操によって痛みやしびれを改善することができます。

しかし、高齢者の場合は筋肉も衰え、骨ももろくなっていることが多く、ストレッチや体操によって余計に症状を悪化させてしまう恐れがあります。
無理な運動を突然始めることは大変危険ですから、適切な運動量や強度がどの程度のものなのか、正しい指導の元で進める必要がありますので、必ず専門家の指導を受けて行うようにして下さい。