坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因となるもので最も多いのは椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアになると、症状は腰痛だけにとどまらず、腰から太ももやふくらはぎ、足の裏などに至るまで痛みや痺れが広がってきます。

坐骨神経は、人の神経の中では最も太くて長い神経で、腰椎から仙骨までのそれぞれの椎骨の間や椎間孔から出る神経が集まって形成されていて、影響を受けやすい神経であるといえます。

腰骨は5つの腰椎骨と1つの仙骨、そしてそれぞれの骨の間にある椎間板というクッションからできています。
この椎間板はアンパンのような構造をしていて外側のパンの部分を繊維輪といい、その中があんこの部分で粘性の髄核が入っています。
これらの後方には脊柱管という管が腰骨の中にあって、この脊柱管の中に神経の束が通っています。

繊維輪が何らかの要因で裂けると髄核が出っ張るため、椎間孔から出る神経の根元が圧迫されます。
神経が圧迫されると、周囲の筋肉は炎症を起こし、痛みやしびれ、麻痺などの症状・・・つまり坐骨神経痛を起こします。これが腰椎椎間板ヘルニアです。

坐骨神経痛では、どの神経がどの程度障害を受けたかによって症状が異なってきます。
鈍い腰痛がずっと続く場合もあれば、椎間板ヘルニアのように激しく痛み、足のしびれや反射の低下を伴うケースもあります。

腰の神経は、それぞれ支配するエリアが決まっていますので、 症状が出た部位によってどの神経が障害を受けているかを知ることができます。

いずれにせよ、椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を発症する原因となるもので、最も多いという認識を持っておくことも大切です。