ヘルニア型坐骨神経痛

ヘルニア型坐骨神経痛

臀部や足に、ちょっと普通とは違うような痛みや痺れを感じたことがある場合は、坐骨神経痛を疑ってみてください。
ヘルニア等による坐骨神経痛は現代病の一つで、多くの人が悩んでいるといわれています。

坐骨神経痛といっても大まかにわけると二種類あります。
それらをセルフチェックする方法は、
姿勢を正し、腰をまっすぐにして垂直に立ち、その姿勢から上体を後ろに倒します。
その際、普通でない痛みが認められた場合は狭窄型坐骨神経痛で、上体を前に倒すと痛みが認められる場合は、ヘルニア型坐骨神経痛の疑いがあります。

ヘルニア型坐骨神経痛の痛みやしびれは体の両側に出ることはあまりなく、左右どちらか片方に症状が出ることがほとんどです。
また、痛みは歩行中よりも座っている姿勢の時に強く感じることが殆どです。

狭窄型は50代以降の比較的年配の方に発症することが多く、ヘルニア型は30代前後の若い人の間に比較的多くみられる坐骨神経痛です。
もちろん10代や20代の時点で症状が見られる方もいます。

普段の生活において、上体を後ろに反らすよりは、前かがみになる場合の方が圧倒的に多いと思われます。つまり、ヘルニア型坐骨神経痛を発症する可能性は、誰にでも比較的高い確率で存在するのです。

ヘルニア型坐骨神経痛の人が、避けた方が良いとされる行動とは

・前かがみになる
・やわらかいソファに座る
・背もたれのない椅子に座る
・あぐらをかいて座る
・足を投げ出して座ったり、横座りをしたりする

などで、これらの行動はいずれも腰から上が前かがみ状態になってしまいます。
ヘルニア型の場合は体を前に倒す姿勢はとるべきではありません。

普段の姿勢や動きなどが痛みの症状に大きく影響してきますので、症状を悪化させないためにも普段から気をつけなければなりません。

洗面台で顔を洗う場合やシンクで洗い物をする際なども、足を伸ばして前かがみになるのではなく、膝をまげて腰を落とすことでなるべく上体を前に倒さない状況を工夫してつくってみて下さい。腰への負担が全く違う事を体感できるはずです。
また、正座を行なう時には、膝と太ももの間に座布団かクッションを挟むようにすれば良いでしょう。

同じ腰の痛みでも原因によって症状や治療法は様々です。
まずは自分の状態をよく知ることが大切です。