坐骨神経痛を発症する原因は

坐骨神経痛を発症する原因は

坐骨神経痛は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなっています。
梨状筋の下を通って大腿部の後面を下り、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。坐骨神経痛は、その長い坐骨神経がどこかで圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症するものです。

原因は年齢によっても異なるのですが、若年層で最も多いのは腰椎椎間板ヘルニアで、次に梨状筋症候群があげられます。
また、ぎっくり腰から腰痛が慢性化して坐骨神経痛が発症する事も多いようです。

腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激に発症し、ラセーグ徴候(仰向けの状態で下肢を伸ばして上げていくと、坐骨神経痛が増強する)が特徴です。
ほとんどの場合、身体の片側で坐骨神経痛が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさによっては、身体の両側に症状が見られることもあります。
仕事などで中腰の姿勢を長い間続けたり、急に重いものを持ち上げた時などに発症します。

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。
骨盤の仙骨から股関節の外側にくっついている梨状筋が障害を受け、緊張する事によって出てくる神経痛もしくはお尻の辺りの痛みです。
梨状筋間において、仕事や運動で坐骨神経にストレスが加わることが要因となっています。
骨盤の関節の痛みと同じようですが、痛みが横方向に走るので鑑別ができます。

一方、高齢者では坐骨神経痛の原因には、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られます。
神経の通路である腰椎内部の脊柱管が加齢による変性で狭くなり、神経組織が圧迫され坐骨神経痛となります。

歩いている時足に痛みやしびれが出て、休みながらでないと歩けなくなったり、腰を後へ反らせなくなります。
これは立っていると脊柱管が狭くなり神経を圧迫するためで、体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫が少なくなり症状は軽減します。

また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。

その他の原因に、年齢とは関係のない特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがあります。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療は適しません。