せきやくしゃみは要注意

せきやくしゃみは要注意

せきやくしゃみは非常に腰に大きな負担を与えることになります。これがきっかけで坐骨神経痛になっていると感じる人もいるくらいです。そのためあまり大げさにくしゃみやせきをしてしまうと、その刺激によって腰を痛めてしまうこともありますので注意が必要です。くしゃみをするときに、腰に響くようなことがあると少し坐骨神経痛を疑ったほうが良いかもしれません。一時などであれば良いですが、連続で痛みが続くようであれば、医師に見てもらったほうが良いでしょう。坐骨神経痛でなくても、せきやくしゃみによって筋肉が傷んでしまったり、骨がずれてしまうことは可能性としては十分あります。

せきやくしゃみをするときに、体を伸ばした状態ではなく、少し足を開いて、衝撃を吸収するようにして行なうと、腰への負担をなくしていくことができます。特に高齢者などの筋力が衰え始めている人などは注意が必要と言えます。思わぬせきで腰を痛めてしまっては、いくら健康的な生活をしていても、健康的な体を維持できなくなってしまうでしょう。