坐骨神経痛の改善・予防にストレッチ

坐骨神経痛の改善・予防にストレッチ

「坐骨神経痛」はデスクワークや車の運転などの長時間座ったままの作業が多くなること、また運動不足などによって腰に負担がかかり、疲れが蓄積することで「坐骨神経痛」を引き起こすきっかけになる場合があります。

ストレッチ運動を行えば、腰周りや足の筋肉をほぐすことができるとともに、筋肉が強化され腰椎にかかる負担が減り「坐骨神経痛」の辛い痛みを予防・緩和をすることができます。
大切なのは少しの時間でも意識的に毎日ストレッチを行うことで、最初のうちは負担のかかるような無理なストレッチは行わないようにして下さい。

有効なストレッチとは例えば、座って脚を前に投げ出して、ゆっくりとした動きで前に手を伸ばしつつ足の筋肉や太ももの裏の筋肉、お尻の筋肉、ふくらはぎの筋肉などを伸ばすようにします。
また、デスクワークの途中でもイスに座ったままの姿勢で背筋を伸ばし、両腕を天上に向けて伸ばし上半身を後ろに反らせます。
また左右の脇の筋肉を張るように上体を左右に反らすこともとても効果的なストレッチ方法です。

日頃からストレッチを取り入れることで坐骨神経痛を予防・緩和することができますが、間違ったストレッチの方法では、坐骨神経痛の症状をさらに悪化させてしまいますので、十分気をつけて下さい。

坐骨神経痛ストレッチを行う際には、ちゃんと決めて継続して行うことが大切です。
また、筋肉の緊張が一番緩んだお風呂上がりに行えば、より効果はアップします

ストレッチを行う際は反動をつけないで、時間をかけてその部分を伸ばすことを感じながらゆっくりと行うようにしましょう。

伸ばす時には、息をゆっくりと吐き出しながら行い、姿勢を元に戻すときには息を吸うようにすればより効果的です。そして姿勢を変えるときには、ゆっくりと呼吸を吐きながら行うようにします。

回数は自身の症状や状況にあわせて自分で決めればいいのですが、ストレッチは継続して行うことが腰部から臀部の筋肉強化に繋がります。

ストレッチ効果で、坐骨神経痛の痛みが軽減されたとしても坐骨神経痛が完治したわけではありません。
坐骨神経痛を引き起こす原因は、日頃の生活習慣にもあり、せっかくストレッチ効果で坐骨神経痛の痛みが治まっても、以前と同じような生活習慣であれば必ず再発します。

・体重増加をしない。肥満の場合は減量に努める
・全身の筋肉をバランスよく鍛える
・軽い簡単な運動でいいので、常日頃行うようにする
・腰痛の原因となる姿勢を正す

というような事柄に配慮して、骨神経痛の再発・予防に努めましょう。

今の世の中には、腰痛を併発する要因は身の回りにたくさん溢れているy現実があり、坐骨神経痛などの腰痛は、一種の現代病いわれています。
坐骨神経痛の経験者・坐骨神経痛予備軍の方は、より一層生活習慣改善に心掛けなければなりません。