腫瘍が坐骨神経痛の原因となる

腫瘍が坐骨神経痛の原因となる

坐骨神経痛の症状が出る可能性のある疾患は色々ありますが、多くの場合で安静にすることで症状が改善されるという特徴があります。
しかし、安静にしていても痛みやしびれなどの症状が全く改善されない場合、その原因は腫瘍である可能性が疑われます。

腫瘍が坐骨神経痛の原因となる場合、脊椎や馬尾に腫瘍ができてしまっている場合が多いようです。
腫瘍のできる場所により症状は違ってきますが、症状は他の坐骨神経痛にみられる一般的な症状と同じく、腰、臀部、脚の痛みやしびれ、筋力低下、排泄障害などがみられます。

腫瘍が原因で起こる坐骨神経痛の特徴的な症状は下記の通りです。

【痛みが沈静化しない】
脊柱管狭窄症やすべり症のように、骨により坐骨神経が圧迫されている時は、身体を前傾姿勢にすると圧迫力が弱まり、多くの場合で痛みなどの症状が軽減されます。
しかし、原因が腫瘍の場合は、どんな姿勢でいても痛みが軽減されないことが多くなります。

【歩き始めに激痛がある】
腫瘍以外の原因の場合、歩き始めてしばらくすると脚に痛みが走り、少し休めば歩けるようになるという間欠跛行の症状が特徴的にあらわれます。
しかし、腫瘍が原因の場合には、歩き始めた途端に激しい痛みに襲われることがあります。

【就寝中に痛みがある】
最も特徴的な症状が就寝中の痛みで、夜中から明け方にかけて痛みが出ることが多く、寝ていても痛みで目が覚めてしまうことがあります。
これは、他の疾患では殆どない症状です。

転移するがんは、肺がん、胃がん、腎臓がん、直腸がん、甲状腺がんがあり、女性では乳がん、子宮がん、卵巣がん、男性では前立腺がんが多いようです。
がんの病歴がある人は、腰痛や下肢の痛みが起こったときには、原因が脊椎の疾患なのか、それともがんの転移によるものなのかを詳しく調べる必要があります。

腫瘍は坐骨神経痛の原因としては多くはないのですが、発症する可能性は誰にでもあります。
腫瘍以外の原因で坐骨神経痛を伴っていたとしても、その後に腫瘍ができる場合などもありますので、現れる症状の変化なども注意深く観察し、定期的に検査を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛は現代ではポピュラーになりすぎて、ちょっとした症状だからといって坐骨神経痛を軽くみてしまい、間違った自己流の対処をしてしまうケースが増えてきているようです。
あまり深刻ではない症状だからとはいえ、早期の治療で悪化を防ぐことができます。
腫瘍のような重篤な病気が潜んでいる場合もありますので、坐骨神経痛を軽視することなく、早期に専門医の診断を受けることが重要なポイントです。