坐骨神経痛、天気と痛みの関係

坐骨神経痛、天気と痛みの関係

坐骨神経痛の痛みは、寒いとき、雨が降った時に悪化することが多いようです。

神経痛と天気にはなんらかの関連があるのではないかと言われていますが、メカニズムについては未だ解明されていないようです。
しかし、副交感神経と交感神経が気温、気圧の変化によって活発化するからではないかというかなり有力な説もあります。

ヒスタミンの分泌は、気圧が下がったときに盛んになるものであり、ヒスタミンは血圧を急に下げる、血管を拡張させる、炎症を起こすといった作用をもたらします。
さらに、交感神経を刺激するという働きもあるため、活性化させてしまうことに繋がります。

血管は寒くなったときに収縮し、筋肉もこわばります。
つまり、寒さによって坐骨神経が圧迫されるというわけで、交感神経が関節や筋肉の周辺で、血管を収縮させて神経を過敏にさせる事が原因ではないかと考えられているのです。

雨が降ると湿度が上がりますが、それによって体がむくみやすくなってしまいます。
むくみが生じると、血行を悪化させてしまうため、疲労物質が蓄積されやすくなります。湿度が上がり気圧が変化する雨の日は、血行が悪化し神経過敏になり、座骨神経痛の悪化に繋がると考えられています。

また、天気が崩れる前に、痛みを感じやすくなることがあります。
それは、低気圧が近づく際に、交感神経が興奮することで体が緊張することが関係しているのではないかと考えられています。

交感神経が興奮することでノルアドレナリンという物質が産生されます。
ノルアドレナリンの作用で血管が収縮し酸欠状態になると、痛みを感じる神経を刺激する物質が産生され、痛みなどの不快な症状を感じる状態になると考えられています。

筋肉や関節などの状態が正常であれば、こうした影響を受けることはありませんが、既に痛めていた場合、又は完治しておらず炎症を起こしているケースでは、天気の影響で気圧が変化することから、影響を受けてしまいます。

交感神経の興奮は、痛みに対する不安感が増強することでも起こります。
天気が悪くなると痛みが出る、といった不安な記憶が強い人は、天気予報で雨の予報を見ただけでも、不快な症状やさらなる不安を感じるようになる可能性があります。

天気で影響を受ける人もいれば、天気の良し悪しには全く関係なく、痛みや症状の悪化を感じる人もいます。

実際に、気圧の変化による交感神経の興奮が、痛みに何らかの関係があると考えられる人もいるのですが、その一方で、今まで雨降りの前に症状を訴えていた人が、天気を気にしない生活をするようになったところ、雨降りの前でも症状を感じることが無くなった、というケースもあります。このような場合はストレスが大きく関係しているとも考えられます。

また、急激に体感温度を下げるような環境に身を置くのは良くありません。
暑い場所から急に冷房のよくきいた場所に移動する事、また体の冷やしすぎは腰痛のある方は特に注意する必要があります。