坐骨神経痛、原因となる病気

坐骨神経痛、原因となる病気

坐骨神経痛という名前をよく耳にしますが、これは病名ではありません。 これは症状の名称であり、単体で発症する事はありません。
「坐骨神経の圧迫」によって発生する臀部から足先にかけての強い痺れ,または鈍痛を伴います。

必ず何らかの原因が潜んでいて、症状は引き起こしている原因によって異なります。
この何らかの原因を見極める事が治療する上で必要となります。

坐骨神経痛は、腫瘍などが原因で起こる場合もありますが、骨の障害に起因する様々な腰の疾患が原因となって引き起こされることが殆どです。 

坐骨神経痛を起こす原因になるといわれているのが、急性腰痛、脊椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、変形性腰椎症、腰部椎間板症などです。
高齢の方は、脊椎管狭窄症や脊椎すべり症などから発症するケースが多く、比較的若い世代は、椎間板ヘルニアなどから発症する事が多くなっています。

痛みの程度が激痛というよりも鈍痛の場合が多く、そのため、痛みを我慢して悪化させてしまうケースが多くなります。

鈍痛の場合は歩く際に少し痛みを感じる程度なのですが、症状が悪化してくると痺れの範囲はお尻から足先へと拡大し、更には背中を反らす事ができなくなる場合もあります。

以下のような症状がある場合は坐骨神経痛が疑われます。

・初期・・・臀部裏側の痺れ
・中前期・・・太腿裏側の痺れ
・中後期・・・膝裏の痺れ
・末期・・・足先への痺れ、 痺れによる歩行困難、 痺れによる起立困難、痺れによる集中力,注意力の散漫

坐骨神経痛は神経圧迫の度合いによって徐々に症状が下へと向かう「進行性の神経痛」です。
このような、疑わしい症状があった場合は医療機関にかかる必要があります。

症状を改善するためには、早期発見・早期治療が重要となりますので、我慢せずに医療機関にかかるようにしましょう。