坐骨神経痛の治療薬

坐骨神経痛の治療薬

坐骨神経痛の場合、一般的に病院で処方される治療薬は、症状の緩和を目的としたものと血液の増加による血流を改善するもの、筋肉のコリ(緊張)を改善する働きのあるものがあります。

【痛みの緩和】

痛み止めには様々な種類があり、その効果も強いものから弱いものまで様々です。
痛みをなくす効果が高いものを使ったほうがいいのでしょうが、ステロイド系の強い鎮痛薬には副作用が出てくるものもあり、患者の体に合わないものがあります。

高齢者などには、効果は緩やかですが副作用の少ない、非ステロイド系の鎮痛薬や座薬などが投与される傾向にあります。
坐骨神経痛の治療では、長期間の投与が必要となることが多いため、胃腸障害などの副作用を防ぐために胃腸薬が一緒に処方されることが多いでしょう。

【しびれの緩和】

坐骨神経痛のしびれに対しては、ビタミンB12製剤の内服薬を用いるのが基本となっています。
メコバラミン、シアノコバラミン、ヒドロキシコバラミンなどがあり、これらは神経組織を回復する働きのあるビタミンB12を主成分とし、他にもビタミンB1、B6が配合されています。
ビタミンB12製剤には副作用の心配がなく、神経組織障害に対する高い効果が認められています。

【筋肉の緊張緩和】

痛みの原因を排除する為に用いられる治療薬です。 
これは痛み止めの薬とは異なり、筋肉の緊張をほぐすことが目的に投与されます。

筋弛緩剤(筋緊張弛緩剤)は、消炎鎮痛剤と同じく胃に負担をかける副作用があります。
また、目まいやふらつきなどの副作用もあるため、服用時の行動には十分な注意が必要です。

【血流障害の改善】

脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛の場合には、原因の一つと考えられる神経組織の血流障害を改善する目的で、PG(プロスタグランディン)製剤の内服薬や注射などが使われます。

PC製剤は代表的な循環障害改善薬で、主に腰部脊柱管狭窄症の症状を改善する為に血管を広げ、血液を固まりにくくするという効果があります。

プロタグランジンE1製剤、リマプロストアルファデクス、ベラプロストナトリウム、アルプロスタジル、アルプロスタジルアルファデスクなどがあります。

なお、病院によっては漢方薬を採用しているところもあります。
処方される薬について、また、服用後の症状の変化などで疑問や心配がある場合には、遠慮せずに医師にしっかり相談する事が大切です。