坐骨神経と坐骨神経痛

坐骨神経と坐骨神経痛

坐骨とはお尻の骨格をなす骨のことで、左右の股関節を形成している骨の一部でもあり、前面では恥骨とも繋がっています。
人間の基本姿勢である直立・歩行という行動に関して、非常に重要な役割を果たしているのが坐骨なのです。

そのお尻が「なんだか、違和感があって気持ちが悪い、しかし病院で診察を受ける程でもない・・・」というような症状が続く状態を坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛は病名ではありません。
坐骨神経が何らかの原因で圧迫されて生じる神経痛を総称して、坐骨神経痛といっているのです。

坐骨神経は脊髄髄節から伸びている末梢神経の一つです。
末梢神経は脊髄と全身の体の筋肉の連絡を受け持ち、全身の運動を制御している神経で、
そのうち腰から骨盤、お尻を通って足先にまで伸びている神経が坐骨神経なのです。

私たちの背骨には、脊髄と馬尾神経という神経が通っています。馬尾神経というのは、 脊髄の先から細く分かれた神経のことで、その馬尾神経がまとまったものが、太さ1㎝の 神経根、そして、神経根がさらにまとまったものが、坐骨神経です。

馬尾神経・・・脊髄は頚椎・胸椎・腰椎・仙椎に分かれていて、それぞれが椎間板によって結合されています。
脊髄の中には脊柱管があり、その中を脊髄神経が通っています。この脊髄神経の末端部分が馬の尾のように細かく分かれていて馬の尻尾のような形をしているので馬尾神経と呼ばれています。

神経根・・・脊髄から枝分かれした神経群のことで、腰部・臀部から下半身全体を網羅する神経の一番根元を称します。

坐骨神経痛を発症するほとんどの場合、馬尾・神経根に起こった障害が原因として考えられます。

ギックリ腰・椎間板ヘルニア等は、明らかな痛みを発症し動くことさえ出来なくなりますが、坐骨神経痛は、激痛を伴う場合があるものの比較的鈍痛の場合が多く、その痛み自体「限定された動作のみにおいて発症」します。
つまり、常に不快感はあるが、耐えられない痛みではない、我慢できるから病院に行く必要がないと勘違いしてしまうわけです。

ですから坐骨神経痛の症状は、ギックリ腰・椎間板ヘルニア等のように明らかな痛みを発症する腰痛より、より厄介なものかもしれません。

しかし、どんな病気でもそうなのですが、早めの処置さえしていれば、症状も悪化することなく早いうちの症状改善が望めます。
坐骨神経痛は診断を遅らせれば遅らせるほど回復を困難にし、痛みで歩くことさえできなくなる場合があります。