帯状疱疹後坐骨神経痛

帯状疱疹後坐骨神経痛

帯状疱疹はヘルペスウイルスによって引き起こされる病気です。
ほとんどの人が子供の頃に一度ウイルスに感染して免疫ができているので、発症しないのですが、病気や過労、ストレス、加齢などで免疫力が落ちると発症することがあります。

ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスで、水疱瘡もこのウイルスです。水泡が出てくるまでは診断がつきにくいのも特徴です。
ヘルペスウイルスは脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、そこに感染を起こし帯状疱疹が発症します

帯状疱疹による坐骨神経痛はウイルス感染が原因で、腰の神経の支配域に沿って、皮膚に赤黒く膨れ上がった斑点や水泡がたくさんできて、ピリピリとした非常に強く不愉快な痛みが生じます。また、完治しても皮膚に跡が残るほど強い症状を呈します。

この帯状疱疹で、皮膚症状が完治しても、ウイルスが神経を痛めつけて起こるので、その後も長くピリピリした痛みの神経痛や痺れが残ることがあります。
若年者はほとんど発症しませんが、高齢者になると半数程度の人が帯状疱疹神経痛を発症します。

皮膚症状は、水ぶくれからかさぶたになっておさまり、約3週間から1ヵ月程度かかります。
ほとんどの場合、皮膚症状の消失と共に痛みも無くなりますが、皮膚症状が回復しても痛みだけが残り、いつまでも続く場合があります。
これを「帯状疱疹後神経痛」といいます。

若い人の場合は、ウイルスによって破壊された神経の回復は良好ですが、高齢者では回復が困難で、帯状疱疹後神経痛が残りやすいといわれます。

帯状疱疹が原因による神経痛は、坐骨神経痛を含め非常に治療が難しいので、帯状疱疹になったら、神経痛を残さないようにすることが治療段階で必要になります。

帯状疱疹後神経痛になると強い痛みが長く続くことになり、非常に辛いものです。
そのため、帯状疱疹に詳しい医師に診てもらい治療段階から帯状疱疹後神経痛にならないような治療を受けることが重要です。

帯状疱疹における坐骨神経痛はウイルスの感染が原因ですから、病院で治療すればほとんど治る坐骨神経痛といってもいいと思います

帯状疱疹かなと思う症状がでたら早期の受診をすることが、帯状疱疹後神経痛の一つ坐骨神経痛を回避することに繋がります。