坐骨神経痛で不眠に

坐骨神経痛で不眠に

坐骨神経痛だけではありませんが、坐骨神経痛の症状がひどくなってしまうと、何もしない状態でも非常につらい症状がでてきてしまうこともあります。そのため何もする気が起きなくなってしまい、非常に無気力な状態になってしまうこともあるようです。そこまでいかなくても、何かをするのが少し消極的になってしまったりなど、多少なりとも生活に影響を出してしまうことがあるといえるでしょう。坐骨神経痛はひどくなってくると座っているときでも安心してすごすことが出来なくなってしまうときもあります。これは思っている以上につらいものであり、安らげる時間が非常に減ってしまうことになります。

また座って何かをすることが苦痛になってしまうので、出来ることも限られてしまうでしょう。これがさらにひどくなってしまうと今度は睡眠に大きく影響してきます。痛みが邪魔することで熟睡ができなくなってしまい、そこから生活のリズムが崩れてしまうこともあるといえます。坐骨神経痛は腰だけではなく非常に幅広い場面で自分たちの生活にかかわってきています。