坐骨神経痛のリハビリや予防に散歩

坐骨神経痛のリハビリや予防に散歩

坐骨神経痛のリハビリや予防に散歩が効果的です。

散歩とウォーキングの違いを敢えて言うならば、ウォーキングは正しい姿勢で歩く運動であり、散歩は自分に合った歩き方で歩けばよくて、ウォーキングよりも気楽な運動だと考えるのが良いでしょう。
どちらかといえばウォーキングの方が歩くスピードも速く、運動効果は高といえるかもしれません。

散歩の長所は服装も時間も自由で気楽にできることです。
ただ歩くだけですが坐骨神経痛解消に十分となる運動効果が期待でき、効果は意外と侮れないものがあるのです。

散歩は水中運動と同じく、激しい運動ではありませんが全身の筋肉を使う運動です。
短時間のうちにたくさん運動するのではなく、ゆっくりと時間をかけて全身の筋肉を動かすことができるのが良い点です。

普段運動に慣れていない方はまず散歩から始めるのが良いでしょう。四季の変化を感じるには散歩が一番です。周囲の景色をゆっくりと楽しみ、ストレス解消にも効果的です。
血行も良くなりますので、様々な面で坐骨神経痛に良い効果が生じるというわけです。

慢性期治療時期に入ったばかりの頃は、激しい運動は禁物とされておりますので散歩が一番おすすめでしょう。

決して特別な手段ではありませんが、やればやっただけ確実に効果がありますし、年配の方やリハビリ中の方でも安心してできる坐骨神経痛対策です。

あまり激しすぎる運動は坐骨神経を痛めてしまう可能性があり、痛みが再発してしまうのでおすすめできません。自分の体に合った運動を心がけるようにしましょう。

散歩の距離は長ければ長いほど良いというものではありません。確かに長い距離を歩くことができれば運動効果も高まりますが、最初は自分に合った距離を歩くのが一番なのです。

散歩の前後にはストレッチなどで、入念に筋肉をほぐすことをお忘れなく。