腫瘍が原因の坐骨神経痛

腫瘍が原因の坐骨神経痛

腰椎に腫瘍があり、坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

この場合の腫瘍は、すでに体の他の部位で発生した悪性腫瘍が腰椎に転移したケースが多いようです。しかし、腰椎周辺の腫瘍には脊髄で発生した腫瘍も見つかることがあり、その一つが馬尾神経腫瘍です。

脊髄で発生した腫瘍は脊髄腫瘍と総称され、馬尾神経腫瘍は脊髄腫瘍のひとつです。
はじめは、一般的な坐骨神経痛や椎間板ヘルニアではないかと疑われることが多いのですが、MRI検査をおこなうと、馬尾神経腫瘍であることが発見されます。

馬尾神経とは腰椎から仙椎、尾骨にかけて伸びていて、下肢や泌尿器、生殖器などの神経が神経束となっている部分です。

坐骨神経痛も、馬尾神経の圧迫が原因で下肢のしびれや排泄障害の発端となっていることが多いことから、腰痛症とは深い関わりのある神経です。

馬尾神経腫瘍は殆どが良性腫瘍です。
馬尾神経腫瘍が小さい時には自覚症状や痛み、痺れ感など殆ど現れることはないのですが、馬尾神経腫瘍が大きくなるにつれて坐骨神経痛や脚の麻痺、痺れ感など神経的な障害が生じてくるようになります。

脊髄内部にできる髄内腫瘍で、転移以外の腫瘍もあります。
髄内腫瘍は多くのものが良性腫瘍なのですが、初めは手足の痛みや痺れが発生することが多く,進行すると手足の麻痺が発生します。

主なものは,上衣腫,星細胞腫,血管芽細胞腫そして海綿状血管腫ですが,腫瘍の種類により治療方針が大きく異なります。
上衣腫に一部悪性腫瘍がみられるものの、ほとんどが馬尾神経腫瘍と同じで良性腫瘍です。

馬尾神経腫瘍の摘出手術は、神経を手術することになり、後遺症となるケースも考えられます。
馬尾神経腫瘍が良性の場合に限り、生活に支障が無ければ、緊急手術をすることはありません。

しかしながら、馬尾神経腫瘍は加齢ごとに大きくなり、坐骨神経痛や腰痛、脚の麻痺や痺れ感、間欠跛行だけでなく馬尾神経全体に激痛が走るなど、生活が困難になるため摘出手術をするケースも少なくありません。

いずれにしても悪性でないことを正確に診断しなければなりませんので、坐骨神経痛が疑われた場合は、整形で検査を受けるようにすることが大事です。