坐骨神経痛と腰痛

坐骨神経痛と腰痛

坐骨神経痛と腰痛の違いは、坐骨神経痛はおしりや下肢にしびれや、つっぱりがでることが多く、腰痛は腰とおしりにのみ痛みや重さがあります。
坐骨神経痛と腰痛は一緒にでる場合とでない場合もあります。

腰痛は、一般的には腰とおしりに痛みを感じるものですが、症状は軽いものから重いものまで存在します。
軽度の腰の痛みであればマッサージなどで治ることもありますが、重度の場合は専門医に検査してもらう必要があります。

坐骨神経痛とは、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛の事で、一度発症するとなかなか治らないといわれています。

坐骨神経を圧迫した状態が続くと、痺れや痛みのほかに知覚鈍麻や知覚障害が発生することもあり、足を引きずった状態で歩行するなど、日常生活にも支障をきたします。
下半身にシビレや痛みが出たら坐骨神経痛を疑って、早期に医師の診断を仰ぐようにして下さい。

最近、若い世代にも腰痛を訴える人が増加しており、椎間板ヘルニア発症する人が増えてきています。この椎間板ヘルニアから坐骨神経痛を発症することが多くなっています。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの症状は非常に似ています。
椎間板ヘルニアの場合腰痛が特徴といわれていますが、その腰痛には激痛を伴う事がほとんどです。

一方、坐骨神経痛の場合は鈍痛であることが多いのが特徴です。
しかし、坐骨神経痛の場合は進行性の神経痛ですから、放置しておくと症状は次第に悪化してしまいます。

最初はお尻の裏側のしびれを感じることからはじまり、その後は太ももの裏側のしびれ、膝の裏側のしびれ、足先へというように進行していきます。

坐骨神経痛は日頃から座る姿勢に気をつけるなど、日常生活でのちょっとした事に配慮をすることで、改善は可能です。

正しい姿勢を身につけることで症状を和らげたり、また悪化を防いだりできます。
椅子に座る時は、背中を丸めて座るとどうしても腰に負担がかかってしまいますので、背筋を伸ばし腰をできるだけ立てて座るようにしましょう。

また畳や床に座る際、足を崩して座る横座りや、あぐら、体育座りも腰が丸くなるので避けなければなりません。

間違った姿勢は、骨盤が歪み坐骨神経に痛みが生じる原因になってしまいます。
女性の場合は身体を冷やさない事、冷え性を改善することも坐骨神経の痛みに良い効果があります。