坐骨神経痛と同じ症状を呈するバージャー病

坐骨神経痛と同じ症状を呈するバージャー病

バージャー病の症状は、腰が痛い・お尻に妙な違和感を覚える・下肢部分に痺れがある等、確かに坐骨神経痛の症状と同じです。

バージャー病は、坐骨神経痛と殆ど同じ症状を呈する血管の病気なのです。
足の動脈が血栓(血が固まる状態)によって詰まり、血液の流れが悪くなる病気で、国の難病特定疾患に指定されています。

バージャー病は別名、閉塞性血栓血管炎と呼ばれますが、血管全層炎という診断名がつくこともあります。
患者は全国で1万人ほどいるといわれていて、その90%が男性で占められています。

バージャー病の原因は、現代の医療においても未だはっきり掴めていませんが、患者に喫煙者が多い事から、喫煙に何らかの関係があるのではないかといわれています。

症状は、坐骨神経痛の神経根の症状と非常に良く似ていて、下肢部分が痺れ始め、足先が異常に冷たくなり感覚も薄れてきて歩行困難に陥ってしまいます。

バージャー病はとても恐ろしい病気で、足先の痛みを我慢し続けると、足の指に潰瘍ができたり、潰瘍の部分の細胞に血液が届かなくなり、やがて壊死してしまうなどの症状に発展し、最悪、足の切断という結果になってしまいます。

バージャー病は坐骨神経痛の症状にも似ているのですが、閉塞性動脈硬化症にも非常に良く似ていますので、とにかく慎重な診断が必要になります。
閉塞性動脈硬化症が腸骨動脈、大腿動脈、脛骨動脈、膝窩動脈の大きな動脈で発症するに比べて、バージャー病は大きな動脈の先の小さな動脈で発症することが特徴です。

遺伝的要素は少ないとされているバージャー病の治療方法として、まず実践しなければならないことは煙草を止めることです。そして、口腔内を清潔に保ちます。

それと併用して、血栓を溶かす血流改善薬を投与し、細胞が壊死しないように高濃度の酸素を供給する高圧酸素療法などが行われます。
初期症状の場合、上記の治療方法で改善されます。

しかし重篤な症状の場合、血管に人工血管を移植(バイパス手術)して血流を促し、足の切断回避をしなければなりません。
バージャー病は未だに治療方法が確立されていません。しかし、煙草を止め手足の皮膚を清潔に保つことが、回復への条件だといわれています。

「坐骨神経痛」という症状名があまりにも浸透しているため、よく似た症状を呈する他の病気を、自分で「坐骨神経痛」と勝手に判断してしまう恐れがあります。

腰痛は決して侮れません。
まずは、専門医・病院に行き、きちんとした病状を確認することが重要なのです。