骨盤付近の神経や骨の構造、内臓の存在は複雑

骨盤付近の神経や骨の構造、内臓の存在は複雑

坐骨神経痛の原因が数多くあるのは、骨盤付近の構造が複雑ということも大きく影響しているでしょう。当然腰の腰椎の部分が複雑な動きをしたり、また負担がかかりやすいということや、大きな神経が通っているということも影響していると言えます。坐骨神経は非常に太い神経で丈夫そうに見えますが、それだけ傷ついた時、大きな影響が出てくることになると言えるでしょう。

奥深くからの何らかの信号があることもあり、痛みなども激痛とは少し違う痛みから始まる事も多いです。それゆえにわかりづらいと言う事もできます。また他の症状とセットになっていることもあり、他の症状の方が大きく出てしまい坐骨神経痛をあまり意識できないということも少なからずあると言えるでしょう。

内臓などと坐骨神経痛が影響しあっている事も多く、病気などでなくても妊娠などによって引き起こされてしまう事もあるくらいです。このようにしてみると坐骨神経痛は人の体にとって大切になる要素にくっついてくる存在と考える事もできます。