合併型坐骨神経痛

合併型坐骨神経痛

坐骨神経痛による痛みや痺れの症状は、辛く不快なものですが、少し休んだり日にちがたつと、一時的に回復したように思える時があります。
しかし、実はこれが厄介なことになるのです。

なぜかというと、やはり人は病院での診察を受けると何らかの病気の宣告をされるのではないかと思い、病院に行く事をためらってしまいます。
「生活に支障がでているわけではないから…」と自分を無理やり納得させて、たいした対処もせず、ついつい我慢をして生活してしまいます。

しかし、ほっておいてしまっているその間で、病気の悪化や合併症を起こしかねないのです。

坐骨神経痛の主な原因として腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあげられます。
実は、これら二つの病気が併発して起きているケースがあるのです。

上体を後ろに倒した時に痛む場合は腰部脊柱管狭窄症の可能性があり、前に倒して痛むなら腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるということになるのです。
しかし、前後どちらに倒しても痛みやしびれが発症する場合、これは両者の併発という可能性が非常に高くなってきます。

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるということは非常によくない状態といえます。

腰部の脊柱管が狭窄しているところに同時に腰椎椎間板ヘルニアが起きると、飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯が神経根を挟んで圧迫してしまいます。
こうなると、腰を曲げることが困難になってしまいます。

つまり、長時間たち続けることは不可能になりますし、中腰の姿勢や後屈姿勢も苦しくなっていきます。
また、歩行障害や排泄障害がおこってくるので生活自体が困難になってしまいます。
非常に重度の状態であるということです。

合併症が認められた場合は、ただちに医師に診断をあおいで下さい。
しかし、このような状態になってしまっては、もはや保存療法では対処が難しくなってしまいます。
かなり早いうちに手術が検討される可能性が大となります。

手術を避けるためには、こうした最悪の事態に陥らないように、早期発見、早期診断の心がけが大切なのです。