坐骨神経痛、治療用コルセットの選び方

坐骨神経痛、治療用コルセットの選び方

坐骨神経痛の初期の激痛からある程度開放されても、腰痛や坐骨神経痛は簡単に完治することはないと言っていいでしょう。
治療期間は長くなり、その間も腰をかばう生活となります。

この治療時期の間、日常生活のなかで腰への負担を和らげるために装着すると良いのがコルセットです。
勿論、治療期間中に限らず、腰痛予防の為に腰を使う仕事をする時などに使用することもできます。
  
坐骨神経痛などの場合で使うコルセットは、腰椎分離症などで使用する硬質のオーダー品のようなものでなくてもかまいません。
外部の装具業者と提携している医師から薦められるコルセットや、ドラッグストアやスポーツ用品店などで販売されているメッシュ仕立ての布製のコルセットでいいのです。

患者は医師から薦められるものは、それを使用するだけで治ってしまうと勘違いするほど良いものと思い込んで、つい購入してしまうものですが、装具業者のコルセットは概して高価(1万円~2万円)です。

コルセットは1日中装着していると筋肉を弱体化することになり、かえって悪い結果を招きます。
腰の調子が良い時は当然外していますし、休んでいる時なども外していた方が良いのです。装着時間や期間を考えると、コルセットに1万円~2万円をかけるのはやはり高すぎるといえ、ムダな出費となるかもしれません。

市販のコルセットは、装具業者のコルセットと比較すると安価であり、素材も装具業者のコルセットに比較して厚過ぎることはなく、長時間装着するのなら、かえって市販のコルセットほうが良い場合があります。

しかし、業者の装具は保健が効き、後から払い戻しも受けられるので、初めにいきなり2万円ものお金を負担することが苦にならないというであれば、業者の装具を購入すればよいと思います。

コルセットをつけることで腰痛を軽減でき、生活動作が楽になるというメリットは大きく、
保存治療期間中は、何かと役に立ちますので値段もタイプも自分に合ったものをうまく活用していくと良いと思います。