坐骨神経痛のリハビリ

坐骨神経痛のリハビリ

病気の回復をサポートしたり、手術後の機能回復などを目的に「リハビリをする」という言葉をよく耳にします。

リハビリテーションとは「元の適した状態に戻す」という意味があるようでが、リハビリテーションの行い方はその疾患や症状によって異なります。

坐骨神経痛の場合、牽引療法や温熱療法、電気療法、遠赤外線療法、ホットパックといった理学療法を用いてスムーズに歩行できるようにしたり、痛みを和らげるといったリハビリを行っていくのが一般的です。

・牽引療法・・・腰椎を引きのばし、マッサージ効果、ストレッチ効果があります。
・ 温熱療法・・・マイクロウエーブを照射し筋肉を温めることで、新陳代謝を促進します。
・電気療法・・・低周波の電気刺激を与え筋肉の緊張を和らげます。
・ホットパック・・・患部を温めることによって筋肉の緊張をほぐします。
・赤外線療法・・・赤外線を照射することで筋肉の緊張を和らげます。
電気療法も赤外線療法も、筋肉の緊張を和らげ炎症を抑制することになります。

これら理学療法は整形外科などで受けることができますので、医師の診察を受けて、医師の指示のもとでリハビリを行いましょう。

また、リハビリはストレッチや体操のように自宅でも行えるものもあります。
ストレッチや体操は、臀部の筋肉をほぐしたり、腰椎の周りの筋肉を鍛えることができ、坐骨神経痛の治療に非常に効果的なリハビリです。

背骨を支える背筋、腹筋を鍛えると、筋肉が自前のコルセットとなり、骨を固定する役割を果たしてくれるのです。

 筋肉を鍛えると腹腔内の圧力が保持され、内臓を支えることにも繋がり、 これは腰椎にかかる負担を軽減させることにも繋がります。

坐骨神経痛の痛みは、身体を伸ばすときや歩行時に感じることが多いのですが、リハビリする事で、体を伸ばしたり歩いたりする時の刺激に慣れさせる事、痛みを感じる頻度を軽減させる事がリハビリの目的になります。

決して劇的な効果をもたらすものではありませんが、焦らず、無理なくリハビリを続ける事で、症状が改善されていくのは間違いなく、なるべく毎日継続して行うようにして下さい。しかし無理は禁物です。

高齢者は最初から腹筋・背筋運動をするのはきついかもしれません。
そういった場合は散歩から始めてみてはいかがでしょうか。
また、リハビリ中に痛みを感じた時には中断し、無理に体を動かさず様子を見ながら続けていきましょう。

そして、坐骨神経痛のリハビリ効果を最大限発揮するためにも、日常生活における悪習慣を反省し改善する努力をしなければなりません。