中高年の男性に多い坐骨神経痛

中高年の男性に多い坐骨神経痛

中高年の男性に坐骨神経痛の悩みを抱えている方が最近多くなっているようです。

男性が坐骨神経痛を発症する原因は、多くは椎間板ヘルニアにより坐骨神経が圧迫されるためなのですが、 他にも坐骨神経痛の原因として、中高年に多い変形性脊椎症である場合もあります。

坐骨神経痛を発症する原因に腰痛を引き起こす腰の疾患が関係しています。 そのため、中高年の坐骨神経痛の症状として、太ももやお尻などの痛みやしびればかりではなく、激しい腰痛を引き起こしている事が多くなります。

重い荷物を持った際などに腰から足先にかけて激痛が起こることが多々あると思います。
女性よりも体力を必要とする仕事をする機会が多い男性は、坐骨神経痛になる機会も多いという事です。

女性も妊娠などで坐骨神経痛を引き起こすことがありますが、その場合、出産後は坐骨神経痛の症状はなくなることが殆どです。
しかし、中高年の男性も坐骨神経痛は、蓄積された負荷や筋力の衰え、骨の変性などによるものが多く、その場合はなかなか症状の解消とはなりません。

坐骨神経痛の症状が現れた際は、安静にする必要があります。
コルセットやベルトなどをして、しびれや痛みを軽減させるのが一般的となっていますが、、これは同時に筋力をさらに低下させる可能性があります。

中高年にあって筋力のさらなる低下は防がなければなりません。
コルセットやベルトを装着する際には、専門医に装着時間などの指導を受けるようにして下さい。

坐骨神経痛の予防としては、適度な運動をして骨盤周りの筋肉をほぐし、血行を促進して筋力の低下を防ぐ事が重要です。
中高年の方には、少し一生懸命歩く「散歩」をお勧めします。

また栄養のバランスを考えた食事もとても大切です。
特に神経の働きや伝達能力を正常に保つ働きを持っているビタミンB群や、骨の老化を防ぐためのカルシュウムの摂取を心がけるようにしましょう。

ビタミンB群は、体の中に、ためておくことができないので、毎日こまめにとりたいビタミンです。
因みにビタミンB群を多く含む食品は下記の通りです。
穀類の胚芽、肉類、レバー、豆類、卵、大豆、乳製品、葉菜類、かつお、まぐろなどの魚介類