坐骨神経痛における「牽引療法」の有効性

坐骨神経痛における「牽引療法」の有効性

坐骨神経痛の保存療法に牽引療法があります。
これは腰椎を引き伸ばして筋肉の緊張を解きほぐすことを目的とした治療法で、骨盤のあたりにベルトをかけて足の方向に引っ張ります。

牽引にかける力は体重の半分の重さ上限として、20kg~30kgぐらいの力で引っ張ることが多いのですが、状態に合わせてもっと小さな力で牽引する場合もあります。

牽引することで腰椎を引き伸ばし、筋肉の緊張を和らげ腰や下肢の痛みを軽減するのです。
しかし、牽引療法の効果には個人差があり、有効な場合もあれば時間の無駄という場合もあります。
学術論文においても有効とするものも、有効性が実証できなかったとするものもあり、見解は必ずしも統一できていません。

医師の中にも、牽引療法に対して否定的な考え方をする医師もいることは事実で、どちらかと言えば、進んだ考え方をする医師ほど、牽引療法を過去のものとして捉えているようです。

牽引療法だけではありませんが、仕方を間違ってしまうと、かえって筋肉の緊張が高まってしまうでしょうし、腰椎へのダメージも強く懸念されます。

これは坐骨神経痛などの腰痛に関する知識がある程度ある方なら、専門家でなくとも分かることだと思います。
特に高齢者などの場合は、牽引の仕方が腰に余計な負荷をかけることもあり、牽引を避けて温熱療法などで対処する場合が多くなっています。

温熱療法には温泉や岩盤浴なども含まれますが、あくまでも治療の一環なので、行う際には専門家の指導に従って行うことが大切です。
病院での治療においては、ホットパックで患部を温める方法や、マイクロウェーブを使用する方法が用いられます。

牽引は理学療法士が調節しながら行いますが、椎間板が移動することで一時的に痛みやしびれが強まる場合があることなどから、臨床の場で牽引療法が用いられるケースは少なくなっていく方向にあると云えます。

いずれの方法においても、自分勝手な判断でリハビリを自宅などで行う事は危険と云えます。
常に専門家の指導に基づいて行う必要があります。

腰の牽引はにわか知識で素人でも出来てしまうものですから、坐骨神経痛の痛みをおさえるために、闇雲に牽引を行わないようにして下さい。
さらなる症状を悪化を招くことになります。