坐骨神経痛を自己診断する

坐骨神経痛を自己診断する

坐骨神経痛は多くの人に広く知られている症状で、腰や臀部、足に痛みがあり、場合によっては下肢にしびれが出てきます。
軽症の坐骨神経痛は自己判断することができます。

座骨神経痛の出方は、人さまざまですが、下記のような症状がみられる場合は坐骨神経痛が疑われますので、一度チェックしてみてください。

【坐骨神経痛の自己診断法】

 1、腰痛があり、長期間続いたことがある
 2、お尻から足にかけて激しく痛む
 3、身体を動かすと、お尻や腰、太もも、足の痛みやしびれの感覚が激しくなる
 4、重い物を持ち上げると、お尻に痛みを感じる
 5、長時間立っている時、座っている時に腰部が痛くなる
 6、咳やクシャミで、腰背部が激しく痛くなる
 7、就寝時、腰背部が痛くなり姿勢を変えてしまう
 8、起床時に、腰背部が痛くなる
 9、1日の終わりに、足がひどく痛くなる
10、お尻から下の部分にかけて締め付けられたような感覚や引きつった感じ、冷たい感じやほてった感じなど、感覚異常がある
11、足の裏の皮膚が厚くなったような感覚や、足の裏がジリジリと感じる
12、足腰の力が入らず、階段でつまずくことがある
13、長時間歩行で、下肢・腰背部が痛くなり、歩けなくなるが少し休むとまた歩ける
14、会陰部周辺の感覚が鈍くなり、歩いていると尿がもれることがある

など、ですが上記の10番以降は、坐骨神経痛を引き起こしている病気が、重症化していることが多いので、早急に医師の診断を受けなければなりません。

また、これらの症状でも、内科に関わる重篤な病気の場合もありますので、症状が軽いからと云って放置するのは危険です。

他に、整形外科医も取り入れている方法で、坐骨神経痛を引き起こしている病気を判断するには下記のように行います。

ラジオ体操の要領で、上半身を後ろに反らした時、痛みや痺れが強くなる場合は「腰部脊柱管狭窄症」になります。

逆に上体を前に倒した時に痛みや痺れが増す場合は「腰椎椎間板ヘルニア」になります。

前に倒しても後ろに倒しても痛みやしびれが走る場合は、両方を併発していると考えられます。

しかし、これらはいずれも軽症の場合に限られることで、上体を前にも後ろにも倒せないという場合は、脊椎の疾患がかなり悪化していることが考えられますので、早急に整形外科の診断を受けて下さい。