坐骨神経痛を疑った場合の診察は何科?

坐骨神経痛を疑った場合の診察は何科?

突然、腰から足にかけて痛くて歩きづらくなった、足の付け根がしびれるように痛いなど、坐骨神経痛を思わせるような症状があった場合、病院で診断を 受けることになります。

しかし、坐骨神経痛らしいけどはっきりとは分からないし・・・そのような場合には病院の何科で診断を受ければいいのかと悩む事もあるかもしれません。

どこで診断を受ければいいかは、痛みが生じた過程や症状によって異なってきます。

 坐骨神経痛の治療には 以下に、ケースごとの診療科をまとめてみました。

【整形外科へ】

・重いものを持った、トレーニングをした、高いところから落ちたなどはっきりとした原因が思い当たるときには、骨折や脱臼の可能性があります。
場合によっては救急の対応が必要になることもあります。
多少違和感があるという程度でも後々症状が悪化する可能性もありますので、診察を受ける必要があります。

・重いものを持ったりした時など、後から徐々に症状が出てきた場合は、炎症性の捻挫である可能性があります。
炎症が靭帯にまで及んでいる可能性や、腰骨や骨盤の異常も考えられます。

・身体を動かすことで、痛みやしびれが酷くなる場合・・・筋骨格系の異常の場合が多いです。
取りあえず整形外科で医師と相談するようにしましょう。骨や椎間板の異常が見つかるかもしれませんし、骨盤内腫瘍などが見つかることもあります。

【内科へ】

・特に外傷や事故が思い当たらないのに痛みがあり、動かさなくても痛みが生じる場合
 感染症や内臓異常の可能性があります。
腫瘍・内臓異常・感染症などを除外するような検査が必要となります。
神経症状がある場合は、脳疾患も考慮しなければなりません。

・ヘルペスウイルス感染症で水泡ができた場合

【とりあえず整形外科へ】

 ・特に何もないのに、何かの拍子に痛みや痺れ、違和感が生じるようになった場合は筋肉や骨格系の異常が考えられます。

・その他、状態や原因に心当たりがない場合には、病院でアドバイスを受けましょう。

整形外科に行ったら、あらゆる角度で、原因の判断をしてもらえるように、症状をできるだけ細かく、正確に伝えるようにしましょう。
必要に応じてレントゲンやさらにはMRIなどの医療機器を用いて、診断されると思います。
自分自身が、信頼でき安心して受信できる病院で診断してもらうと、さらなる安心が得られると思います。