背もたれは目安として

背もたれは目安として

坐骨神経痛の軽減アイテムとして椅子があります。逆に言うとこの椅子が自分にあっていないと坐骨神経痛のリスクを高めてしまうことになります。足が床にしっかりと着くような椅子であれば大きな問題はありませんが、しっかり着かないとどうしても背中が丸まっていき姿勢が悪くなってしまうこともあります。そうなると坐骨神経痛のリスクを高めてしまいます。背もたれは寄りかかるものではなく、背中の筋肉をサポートしてくれるものです。そのためしっかりと椅子に深く座らないとあまり役に立たないと言えるでしょう。

背もたれに寄りかかってしまう座り方がクセになってしまっている場合、背もたれは目安として扱って置くと良いです。もたれかかるものではなく目安としてみておけば、姿勢も良いものに変っていくことになります。あるいは完全に背もたれのないような椅子に座るなどの方法も良いと言えるでしょう。そうしておけば姿勢が崩れてしまうことは少なくなります。