坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの関係

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの関係

腰痛や足の痛みなどがあるという共通点で椎間板ヘルニアと坐骨神経痛がよく混同されがちです。

実は坐骨神経痛というのは病名ではありません。
人の体の中で最も長くて太く、腰からおしり、足先にかけて走る坐骨神経を圧迫する事で現れる症状全般を坐骨神経痛といいます。

すなわち、同じ症状であっても人によって坐骨神経痛の原因は当然それぞれ違っています。
しかし、坐骨神経痛の比較的多くの原因が椎間板ヘルニアなのです。

腰椎椎間板ヘルニアは、脊髄かから出て足へ向かう神経を圧迫し、お尻、太ももの後ろ、ふくらはぎが突っ張って痛くなり足がしびれてきます。この痛みやしびれを坐骨神経痛といい、坐骨神経はほとんどが腰椎椎間板ヘルニアによって起こります。

椎間板の繊維輪は後ろ側が弱いために髄核が後ろに飛び出すことが多く、 飛び出した髄核が坐骨神経を圧迫するのです。

椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛は、通常は左右のどちらか一方に発症するのが 一般的ですが、椎間板ヘルニアの大きさや発生箇所によっては両側に痛みや痺れが 発生する場合があります。

坐骨神経痛を起こす原因はもちろん椎間板ヘルニアだけではありませんし、椎間板ヘルニアだから必ず坐骨神経痛が起こるといったものではありません。
ただ、とりわけ若い人が腰痛や下肢痛・痺れなどの坐骨神経痛の症状を訴える場合、椎間板ヘルニアの可能性が高いと思われます。

ヘルニア以外の坐骨神経痛を引き起こす病気としては、脊椎管狭窄症、すべり症、 梨状筋症候群などが挙げられます。

坐骨神経痛を治す目的で病院を訪れ、椎間板ヘルニアと診断されれば、外科手術も含めて病気に沿った治療をすることになります。
同じ坐骨神経痛でも、原因疾患が違えば有効な治療法も違ってきますので、病院ではっきりと診断してもらう事が大切です。